FXに出てくるマージンコール

取引をしていて損失を重ねてしまえば、資金が少なくなってしまいます。
FXには、ロスカットというシステムがあるから借金をしなくて済むようになっていますが、同じくマージンコールがあります。
マージンコールは、資金が大きくマイナスになってしまった時に証拠金の追加預入を求める警告なんだそうです。
だから、これが起きた場合はロスカットをするのか預け入れをして増やすのかどちらかが求められます。


FXは楽しくやるもの

投資の取引は楽しくやるものだと思うので、損失をしたからといってあまり熱くならずに次のことを考えて。
FXをしていれば損失を出してしまったり、利益を出すこともありますから落ち込んでいたらきりがないです。
通貨の売買をただするのではなくて、こうしたらこうなるだろうとか色々考えながら行うのも楽しくていいと思いますよ。
先のことを考えながらするのも楽しいですし、トレンドを気にしてするのもいいでしょう。


レバレッジは使ってもいい?

取引をする際、出来れば通常の取引が望ましいですが時にはやり方を変えてみるのもいいと思いますよ。
レバレッジを用いた取引をしてもいいですが、FX初心者は2~3倍にしておくのがベストのようです。
だから、あまり大きな倍率にしないよう気を付けるようにして下さいね。